どうして虫歯になるの?

虫歯は、お口の中に棲む虫歯菌が食べかすに含まれる糖分を栄養源として酸を出し、その酸によって歯が溶ける病気です。いったんなると自然治癒することはなく、歯を削るなどの治療が必要になります。早期発見ができれば簡単な治療で済み、歯へのダメージも抑えられますので、「虫歯かも……?」と思ったら早めに歯科医院を受診しましょう。

虫歯になる仕組み

虫歯菌

お口の中に潜む「ミュータンス菌」が虫歯の直接的な原因です。虫歯のなりやすさにはさまざまな要因がありますが、虫歯菌の数なども関連します。

歯質

歯質が弱いと、歯は虫歯菌が出す酸に溶かされやすくなり、虫歯になりやすくなります。生まれつき歯質が弱い場合もありますが、特定の病気やお薬の服用によって、歯質が弱くなることもあります。さらに、乳歯や生えたての永久歯は歯質がもともと弱く、虫歯になりやすいので注意が必要です。

 
糖分

食べ物に含まれる糖分がお口の中に残っていると、それを栄養源として虫歯菌が酸を作り出します。そのため、お口の中にできるだけ糖分を残さないことが大切です。

適切なケア(ブラッシング)

お口の中で虫歯菌が活発になり、糖分から酸を作り始めるのが、食後30分ほど。この間に、ブラッシングなどで糖分をきちんとお口から取り除くことが大切です。

虫歯の進行段階と治療法

進行段階 症状 治療法
C0
【ごく初期の虫歯】
歯の表面のエナメル質が溶けはじめ、白く濁っている状態。まだ歯に穴はあいておらず、痛みなどの自覚症状はありません。 適切なブラッシングやフッ素塗布で治ることがあります。
C1
【エナメル質の虫歯】
エナメル質がさらに溶け、黒ずんでいる状態。冷たい物がしみることがありますが、まだ痛みはありません。 虫歯に冒された部分を削り、レジン(歯科用プラスチック)を詰めて治療します。
C2
【象牙質の虫歯】
エナメル質の内側にある象牙質まで虫歯が進行した状態。冷たい物や甘い物がしみるようになり、ときどき痛むこともあります。 虫歯に冒された部分を削り、インレー(詰め物)で補います。
C3
【神経まで達した虫歯】
神経まで虫歯が進行した状態。熱い物がしみるようになるほか、何もしていなくてもズキズキと激しく痛むようになります。 神経を除去し、神経が入っていた管(根管)の内部を消毒して薬剤を詰める根管治療を行い、クラウン(被せ物)を被せます。
C4
【歯根まで達した虫歯】
歯の大部分が溶けてなくなり、歯根まで虫歯に冒された状態。痛みはなくなりますが、歯根部に膿が溜まると再び痛みが出ます。 多くの場合、抜歯が必要です。抜歯後、入れ歯インプラントなどで失った歯の機能の回復を図ります。

院長より虫歯治療について

虫歯は予防できる病気です予防歯科で虫歯にならない口腔内環境を

ご相談・ご質問はこちら

PAGETOP