その入れ歯、お口に合っていますか?

入れ歯がズレて痛い噛むときに痛みがある外れやすくなった入れ歯が目立ってイヤ

入れ歯が合わなくなっても我慢して使い続けていらっしゃいませんか? 入れ歯は人工物です。お口の中の状況は日々変化しているため、入れ歯が合わなくなることがあり、その場合調整や修復が必要になります。また、しっかりと自分のお口に合っていなければ、毎日の食事や会話にも支障が出てくることがあるため、作りかえる必要が出てきます。

当院では、患者様のお口の状況から、一人ひとりに合った入れ歯をご提案、作製しています。普段の生活状況や症状、ご希望などをしっかりとうかがってから作製に入りますので、気になることがあれば何でもご相談ください。

保険と自費の入れ歯の違い

入れ歯には、保険で作る入れ歯と自費で作る入れ歯があります。保険適用の入れ歯と自費で作る入れ歯の特徴をご説明します。

  保険で作る入れ歯
自費で作る入れ歯
金額 安価 高額
作製期間 比較的早くできる 比較的時間がかかる
素材 歯科用レジン(プラスチック)のみ 生体シリコン・金属・セラミックなど
豊富な素材の中から選択可能
使用感 慣れるまで違和感がある
硬いものが噛みづらい
食べ物の温度が感じにくい
硬いものもよく噛める
食べ物の温度や味が伝わりやすい
装着時に違和感がない
見た目 不自然で入れ歯とわかりやすい 自然な見た目
耐久性 壊れやすいが修復は容易 修復が難しいものもあるが壊れにくい

安価に短期間で作ることができるため、保険適用をご希望の方が多いですが、後に自費で入れ歯を作り直される方も少なくありません。費用や期間がかかるものの、より満足度の高い入れ歯と言えば自費の入れ歯ではないでしょうか。

取り扱い入れ歯紹介

レジン床義歯   保険適用

【特徴】

歯ぐきに接する床部分にレジン(プラスチック)を使用しています。保険が適用されるため、費用を抑えてつくることができます。入れ歯に厚みがあるため、装着時に違和感が生じやすく、発音しづらい場合もあります。

【長所】

  • 費用が安く、作製期間も短縮できる
  • 壊れても修理が簡単
金属床義歯   自費

【特徴】

入れ歯の床の部分が金属でできています。レジンなどのプラスチック素材に比べて薄くつくることができ、チタンの場合は金属なのにレジンと同じくらい軽いです。

【長所】

  • 床が熱伝導性の高い金属のため、食べ物の温度が感じやすい
  • 汚れの付着が少なく、清潔を維持しやすい
  • 丈夫な金属なので、割れたり変形したりといったことが少ない
ノンクラスプデンチャー   自費

【特徴】

金属を使用していないので、金属のバネのものに比べ非常に軽く、やわらかいので装着感がとても自然です。また、入れ歯をとめるためのバネがないので見た目も、入れ歯だとわからないくらい自然な、機能性と審美性とあわせもった入れ歯です。

【長所】

  • 金属バネを使わないため、周囲の歯に負担をかけない
  • 見た目に自然で、入れ歯とわかりにくい仕上がり
  • 弾力性があるため、壊れにくい
  • 金属アレルギーの心配がない
コーヌスクローネデンチャー   自費

【特徴】

残った歯に被せる部分と入れ歯が一体化しているタイプのものです。茶筒のフタは空気圧によって外れにくくなりますが、コーヌスデンチャーも同じ原理でぴったりとフィットするため、噛む力が歯全体で均等に分配されます。

【長所】

  • 着脱が簡単で、お口も入れ歯もお手入れが楽にできる
  • しっかり固定され、自分の歯に近い感覚で噛める
  • 見た目が自然
マグネットデンチャー   自費

【特徴】

残っている歯の根に磁性金属を装着し、入れ歯の中に磁石を装着して、磁力で固定する入れ歯です。残っている歯への負担が軽く、自然な印象に仕上がります。

【長所】

  • しっかり固定される
  • お手入れが楽
  • 耐久性に優れている
  • 見た目が自然で違和感がない
  • 1本の歯から対応可能

入れ歯の料金はこちらから

院長より入れ歯について

自分の歯のようにしっかりと噛みたいという方には、インプラントをおすすめします

ご相談・ご質問はこちら

PAGETOP