インプラント治療は実績と経験のある当院へお任せください!

歯を失ってしまったときの治療法として、現在注目されているのがインプラント治療です。歯を失った箇所に生体親和性の高いチタン製の人工歯根(インプラント)を埋め込み、上部に人工歯を取りつけて歯の機能を取り戻す治療法です。手術を必要とし保険が適用されませんが、その治療効果は従来の入れ歯やブリッジといった補綴(ほてつ)治療よりも優れている点が多くあります。

インプラントのメリット

  • 周囲の健康な歯へ負担をかけません

    顎の骨に直接人工歯根を埋め込むため、周囲の歯を支えとすることがありません。

  • 天然歯に近い「噛む力」がよみがえります

    人工歯根が顎の骨と強く結びつくことから、しっかりと噛むことができます。

  • 見た目が自然で、違和感がありません

    上部に装着する人工歯には透明感のある美しいものをお選びいただけます。周囲の歯と違和感なく色を調整できます。

  • 顎の骨がほとんど痩せません

    噛む力が人工歯根を通して顎に伝わるため、他の補綴(ほてつ)治療のように、顎の骨が痩せるといったことがほとんどありません。

他の治療との違い

  インプラント 入れ歯(保険適用の場合) ブリッジ
 
歯を失った部分の顎の骨に人工歯根(インプラント)を埋め込み、その上に人工歯を被せる治療。

1本~すべての歯まで、失った歯の本数に合わせて作った義歯を、バネを使うなどして装着する治療。

横並びに1~数本の歯を失った場合に、両脇に残った歯を削って支えにして、連なった人工歯を被せる治療。
メリット
  • 見た目が自然で美しい
  • 違和感がない
  • 硬いものでもしっかり噛める
  • 周囲の歯を傷つけたり、負担をかけたりしない
  • 金属アレルギーの心配がほとんどない
  • 治療期間が短い
  • 治療費が安く済む
  • 見た目が自然
  • 違和感が少ない
  • 使用する素材によっては、保険が適用される
デメリット
  • 治療費が高い
  • 外科手術が必要になる
  • 全身疾患がある場合や顎の骨の量が少ない場合などは、治療を受けられないケースがある
  • 見た目が良くないことがある
  • しっかり噛むことができないことがある
  • 違和感があることがある
  • バネを使った入れ歯の場合、隣の歯に負担がかかる
  • 手入れをする必要がある
  • 使っているうちに合わなくなることがある
  • 両脇の歯を削る必要がある
  • 支えとなる歯に大きな負担がかかり、将来的にその歯を失ってしまうことがある

入間・東村山インプラントセンター

インプラントの料金はこちらから

院長からインプラントに関するアドバイス

ご相談・ご質問はこちら

PAGETOP