口腔外科でできる治療

口腔外科では歯だけでなく、お口に関係する広範囲のトラブルに対応した診療メニューです。代表的なものが、親知らずの抜歯や顎関節症の治療。その他にも、口の中のケガ、口内炎など口腔粘膜の疾患の治療など、お口全般をオールマイティに診断・治療することができます。

当院では大学病院と連携し、舌ガン・口腔ガンの検診や簡単な腫瘍の摘出も行っております。お口まわりでお困りのことがありましたら、まずは口腔外科へ一度ご相談ください。

親知らずとは

親知らずは、奥歯のさらに奥に生える歯です。現代人の顎はかつてよりも小さい傾向にあるため、親知らずがきちんと生えてくることが少なくなっています。横向きや斜めに生えてきたり、歯ぐきに埋まったままになっていたりして、周囲の歯や歯ぐき、咬み合わせなどに悪影響を与えることがあります。また、歯ブラシが届きにくいため、虫歯を招きやすいといった問題もあります。

これらのことから、親知らずは抜歯に至ることがほとんどです(もちろん、まっすぐに生えており、周囲に悪影響のおそれがない場合は抜歯の必要はありません)。親知らずが生えてきたら、トラブルが起きる前にまずは歯科医院への相談をおすすめします。

抜歯後の注意点
  • 抜歯後の穴には血の塊ができ治癒を促します。強いうがいなどで流してしまわないよう気をつけましょう。
  • 抜歯した当日は、激しい運動や長時間の入浴、飲酒など、血行が良くなることは控えてください。
  • 抜歯後の穴を舌や指でさわらないようにしましょう。
  • 麻酔が効いている間は、口の中を噛みやすいので注意してください。
  • 処方された内服薬(痛み止め・抗生物質)は指示に従って服用してください。
  • 数日たっても痛みや出血が治まらない場合は、早めにご相談ください。

~スポーツマウスピースについて~

スポーツにはケガがつきものです。近年、激しい衝撃による事故を防ぐために、スポーツマウスピースの使用が注目され、使用が義務づけられている競技もあります。

スポーツマウスピースは、歯や口腔粘膜のケガを防ぐとともに、頭部への衝撃をやわらげる効果があります。また、正しい位置で噛み締めることができ、筋力を十分に発揮できるといった働きも期待されています。

当院では、アンダーアーマー社製のマウスピースを取り扱っています。歯型を採取してオーダーメイドで作るため、お口にぴったり。市販のものとは異なるスポーツマウスピースの作製をご希望でしたら、お気軽にご相談ください。

院長より口腔外科について

ご相談・ご質問はこちら

PAGETOP