歯並びが変わると人生が変わります!

歯並びが気になってつい口元を隠してしまう歯並びが悪いためによく噛んで食事ができない歯の間から息もれがあり、発音がしにくい

歯並び・咬み合わせの乱れは、見た目のコンプレックスになるばかりでなく、身体のバランスに影響を及ぼしていることがあります。

こういったお悩みを解消するのが、矯正治療です。当院では、見た目だけでなく全身の機能性にも十分配慮した矯正治療を行っています。歯並び・咬み合わせでお悩みでしたら、お気軽にご相談ください。

矯正をするメリット

  • コンプレックスの解消

    見た目だけでなく、発音障害や心身の不調といったお悩みが矯正治療で解決されることがあります。自信を持って笑顔を人に見せられるようになることで、気持ちが前向きになることも。

  • デンタルケアが楽にできるようになる

    歯並びを整えることでブラッシングがしやすくなり、虫歯や歯周病の予防効果が高まります。

  • 身体の不調が改善された

    咬み合わせの改善によってよく噛んで食事ができるようになると、消化も楽になり胃腸への負担が少なくなります。また、咬み合わせの乱れによる筋肉の緊張から開放され、顎関節症や身体の歪み、肩こりや頭痛が軽減されることがあります。

悪い歯並びの例

上顎前突(じょうがくぜんとつ) 下顎前突(かがくぜんとつ)
上の歯列全体、もしくは上顎が大きく前に突き出ている状態。いわゆる「出っ歯」。上顎の過成長、下顎の成長が不十分、生まれつき下顎が小さいことで起こる。 下の歯列全体、もしくは下顎が大きく前に突き出ている状態。いわゆる「受け口」。食べ物がうまく噛めず、発音にも影響が出る。
上下顎前突(じょうげがくぜんとつ) すきっ歯
上下の歯列がともに前に突き出ている状態。唇が閉じにくく、転倒したときなどに前歯が折れたり唇が傷ついたりしやすい。 歯と歯の間にすき間がある状態。顎に対して歯が小さい場合や、先天的・後天的も含めて歯の本数が足りない場合に起こりやすい。目立つだけでなく、食べ物が挟まりやすい。
叢生(そうせい) 過蓋咬合(かがいこうごう)
歯がでこぼこにズレていたり、重なって生えていたりする状態。顎が小さく歯がきれいに並ぶスペースが足りない、顎に対して歯が大きすぎといった場合に起こりやすい。代表的なのが「八重歯」。 正面から下の歯が見えないくらいに上の歯列が下の歯列に深く被さっている状態。深く噛みこんだ歯が歯ぐきを傷つけやすいうえに、物を噛みづらい。場合によっては発音にも影響が出る。
交叉咬合(こうさこうごう) 開咬(かいこう)
左右いずれかの奥歯または前歯が横にズレている状態。前歯の中心がズレていることが多い。放っておくと噛む機能が低下し、顔がゆがむおそれがある。 奥歯を咬み合わせたときに上下の歯に隙間ができる状態。前歯で物を噛み切ることができず、空気が漏れやすいため、発音に影響が出やすい。指しゃぶりが原因となることがある。

取り扱い矯正装置紹介

当院で取り扱っている矯正装置についてご説明します。患者様のお口の状況、ご希望や年齢に合ったものをご提案しています。

メタルブラケット

矯正装置としてもっとも一般的に知られている装置です。金属のブラケットを歯に装着し、ワイヤーを使って歯を正しい位置へ導きます。ポピュラーな方法のため費用も低めで、治療期間が他の矯正方法よりも短いのがメリット。また、高い治療効果も期待できます。ただし、歯の表側に金属の装置が見えるのが、やや難点といえます。

セラミックブラケット

ブラケット部分がセラミック製の矯正装置。歯の色に合わせて調整できるため、自然な見た目となります。治療効果は、同じワイヤーを使うメタルブラケットと同様です。メタルブラケットも選んでいただくことが可能です。

床矯正

顎を徐々に広げることで、歯が正しい位置へ並ぶスペースを確保する装置です。成長期であるお子さんに利用することが多いですが、大人でも使用可能です。取り外しができるため、ブラッシングしやすく、お口の衛生状態を維持しながら矯正ができます。

院長より矯正治療について

ご相談・ご質問はこちら

PAGETOP